Shared Joy is Twice the Joy, Shared Pain is Half the Pain

チェコ語と日本語

私の父の両親はプラハで生まれたから、チェコ共和国について勉強するときはすごいと思う。祖父母の物語から、プラハの文化について習った。

それけど、おじいさんは死ぬ前に、たくさん物語を話さない。お祖母さんからだけ物語を聞いた。プラハの文化とプラハの文化と第二次世界大戦とチェコ語の物語を話したが、これは一番面白かったチェコ語の物語だ:

2000年に、祖母と祖父はサウスレイクタホのレストランによるご飯を食べに行った。そこで、日本人の夫婦も食べに行った。私の祖母はまた、どうして話す初めては分からないけど、私の祖父母と日本人の夫婦と会話した。私の祖父母が日本語の言葉を習ったり、チェコ語の言葉を教えたり、英語で会話をしたりした。今日まで、祖母は日本語の言葉が忘れたけど、日本語の音を覚えている。チェコ語の同じからそうだ。それから、私は日本語を勉強する始める時に、祖母が私に「チェコ語を勉強することは簡単だと思う」と言った。

この夏休みに、チェコ語を勉強している。次の学期、私はプラハに留学するつもるから。お祖母さんと話すことを勉強すたり、オンラインの外国語の練習プログラムを聞いたりする。そのプログラムの言葉を聞けるけど、見えないから、分かりにくいと思う。新しい言語を習うことは難しい、言葉を見えないことはとても難しいになる!それけど、祖母の物語を覚えたり間、チェコ語の言葉は私の頭に日本語の音からある。たとえば、「děkuji」は「ありがとう」の意味だけど、「でっきゅい」の音です。「でっきゅい」は日本語の言葉がないと思う。しかし、日本語の音はチェコ語の音と同じと私は日本語を話せるだから、チェコ語を勉強することはちょと簡単になると思う。

祖母は87歳だね。でも、今まで、頭がいいと思う。

Advertisements

Comments? Coincidences? Sound off!

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s